南禅寺の早朝座禅会に参加してマインドフルに楽しむ京都♪

こんにちは、akikoです。

私が一番好きな新緑の季節に

大好きな京都へ行ってきました。

今回の目的は初夏に輝く青もみじと座禅。

そしてマインドフルに旅を楽しむこと。

京都二日目の朝、南禅寺の定例早朝座禅会に参加しました。

朝6時10分前に座禅会場集合で6時からスタートです。

こちらは予約はいりません。

朝早いので、ちょっとキツイかな?

と思いましたけど朝4時半起床で

思い切って行ってみました。

調べてみると、京都で座禅会を行なっているお寺は結構あります。

早朝が多いですけど、行きやすい時間帯に始まるお寺もあるので

ご興味がある方は、チェックされてみるといいと思います。

私は烏丸御池近辺のホテルに宿泊していたので

南禅寺には行きやすかったです。(だから南禅寺を選びました)

まさか京都で5時台の電車に乗るとは・・・始発だったのかしら??

朝まで飲んでいたような若い方達が結構電車に乗っていました。

さて、蹴上駅下車。

誰もいない駅前の道!

この時期は6時でもすっかり明るく、清々しくて気持ちが良かったです。

人がいない京都!! 別の次元に迷い込んでしまったのかと思うほど。

でも数人、歩いている人を見かけました。

どうやら南禅寺の座禅会に行く人たちのようです。

座禅会場も案内があったのでわかりやすかったです!!

それにしても、この美しい新緑の南禅寺。

朝から感動しました。

もうこの風景をみられただけでも、京都にきて良かった!!!と思う瞬間です。

ゆっくり写真を撮りたかったけど、まずは座禅会に行かなくちゃ!!

受付で名前を書き、座禅のやり方が書かれた紙をいただきました。

座禅会場は広々とした、畳のお部屋。

100人近く入れるようです。 畳に座るのもいいですね。

6時10分前、どんどん人が集まってきました。

早朝なのにたくさんの人が来られるんですね!

地元の常連の方達と私のような観光客、そして外人さんと様々です。

どこに座ろうか迷いましたが、やっぱり一番前へ!!

6時になるとお寺の住職さんから

簡単な説明を受け、座禅に入りました。

足の組み方、手の置き方。

そして目は開けて今を感じる。

簡単な説明の後、坐禅が始まります。

いつもと違う環境。

いつもと違う朝。

静かに時が流れていきます。

警策もお願いしました!

警策が一通り済むと(多くの方々が希望)

住職さんが外にいきましょう!

と言って

南禅寺の中庭を囲む外の廊下へ

そして静かに座りました。

外で坐禅。

とても新鮮。

美しい庭園

鳥の鳴き声

青空

朝の空気感

五感が開き、

まさに今自分がここに

座っていることを感じ

今をとらえ

マインドフルな時間を持てました。

早起きして良かった!

この瞬間を味わえて嬉しい!

坐禅の後でもまだ7時!

滅多に見られない

人がいない水閣路を散策。

 

そして真っ青な空と新緑

感動です☆

しばらく黙って

カメラも置いて

この瞬間を楽しみました。

ゆっくりと人のいない水路閣を満喫した後は

美味しいコーヒーを飲みにブルーボトルコーヒー京都カフェへ!

南禅寺の近くにありますよ♪

いつもの旅に

早朝坐禅を取り入れたら

いつもの旅よりかなりスペシャルな旅になりました♪

素敵な体験でした。

次来るときも朝活座禅取り入れたいです。

皆さんも旅先で朝活座禅を取り入れて

自分だけのスペシャルな旅をしてみてはいかがでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

  1. チベットの生きる魔法

  2. コンパッションマインドフルネスメディテーション

    コンパッション(思いやり)を学ぶ深い二日間

  3. 坐蒲とメディテーション

  4. クラスの後の素敵な笑顔☆マインドフルネス瞑想クラス(10/3)開催しま…

  5. 雨上がりの紫陽花に癒される☆マインドフルに梅雨を楽しみませんか?

  6. マインドフルネスメディテーションから学ぶ「間」の大切さ

  7. マインドフルネスメディテーション(瞑想)を毎日続けるコツ!

  8. マインドフルネスメディテーション体験会

    マインドフルネスとは?

最近の記事

  1. マインドフルネスメディテーション体験会

おすすめ記事

  1. マインドフルネス

    マインドフルネスメディテーション体験会
    マインドフルネスとは?
  2. マインドフルネス

    マインドフルネスはなぜ必要?
  3. バッチフラワーレメディ

    バッチフラワーレメディの選び方
  4. バッチフラワーレメディ

    バッチフラワーレスキューレメディ
    いざという時に、レスキューレメディを持ち歩こう!…
error: Content is protected !!