マインドフルネスメディテーション(瞑想)を毎日続けるコツ!

こんにちは、akikoです。

話題のマインドフルネスメディテーション。

続けることで効果を感じることができるのです。

1日15分ー20分のマインドフルネス瞑想を約8週間続けると

変化が感じられてくると言われています。

この瞑想のやり方はとてもシンプル。

①正しい姿勢で座る

②呼吸に意識をおく

③意識が呼吸からそれたら、また呼吸に意識を戻す。

これの繰り返し。

簡単そうでこれが難しい。。。。。

メディテーションで一番難しいこと!!

意識を呼吸に置くこと、やってみると難しいです。

でもそれよりも、まず一番むずかしいと感じたのは

座る時間を作ること!

なかなか時間が作れないんですよね。

私は最初5分間のメディテーションからスタートしました。

でもたった5分なのに、毎日はできなかったです。

ボーっとテレビを見ているとあっという間に1時間は経っているのに・・・

たった5分間、座ることができない。

あとで座ろう、と思っていたらあっという間に寝る時間・・・・

私の時間の作り方!

私の場合は、最初は空いた時間に座ろうという考えでした。

でもそれではなかなか座る時間は作れません。

そこで、朝起きたら最初に座ることにしました!

いつもより早くアラームをセット。

ギリギリまで寝たいタイプの私ですが、

朝座る!と決めてやり始めました。

いつの間にか早く起きることが楽になり、

それどころか、自然に目が覚める!!

早起きが気持ちよく感じられるように!

朝の空や空気の変化、朝日が昇るタイミングが毎日違うことにも気が付いて来ました。

それこそマインドフルネス!

そして朝30分のメディテーションを習慣にすることができるようになりました。

自分を責めない

もちろん、今日は無理・・・という日もあります。

そうしたら夜座るとか、もう今日はやめて明日の朝座ろう!

そんな感じで続けていけば良いのです。。

できない自分を責める必要は全くありません。

そして数日できなかったから、私には無理。。。

と諦める必要もありません。

そういう気持ちも手放しましょう♪

できる日からまたスタートでOK!!

ユル過ぎず、キツ過ぎず

夜のメディテーションは時間を気にせずゆったりできます。

寝る前のメディテーション。

それは気持ちよく眠れます。

なかなか寝付けない方は寝る前にやってみてはいかがでしょうか?

もちろん昼間でもOK。

でも食後は眠くなるかもしれませんね。

基本いつでもいいのですが、

最初は時間を決めて、習慣づけることがオススメです!

まずは座る習慣をつけること。

アプリで管理

メディテーションを今日は何分間と決めた場合。

アプリを使って時間管理をすると楽です。

時間ごとに鐘の音が鳴ったり、

記録管理ができたりするアプリが色々あります。

チラチラと時計をみてしまうと気が散りますからね。

アプリを使うと続ける気持ちもUP!

とにかく

「ユル過ぎず、キツ過ぎず」

マインドフルネスメディテーションを続けていきませんか?

初心者を対象に定期的にマインドフルネスメディテーション体験会を開催しています!

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

  1. マインドフルネスメディテーションから学ぶ「間」の大切さ

  2. 坐蒲とメディテーション

  3. マインドフルネスメディテーション体験会開催しました(7/25 )

  4. チベットの生きる魔法

  5. マインドフルネスメディテーション体験会

    マインドフルネスとは?

  6. マインドフルネスワークショップ

    満員御礼*マインドフルネスメディテーション体験会(8/8)

  7. 雨上がりの紫陽花に癒される☆マインドフルに梅雨を楽しみませんか?

  8. 南禅寺の早朝座禅会に参加してマインドフルに楽しむ京都♪

最近の記事

  1. マインドフルネスメディテーション体験会

おすすめ記事

  1. マインドフルネス

    マインドフルネスメディテーション体験会
    マインドフルネスとは?
  2. マインドフルネス

    マインドフルネスはなぜ必要?
  3. バッチフラワーレメディ

    バッチフラワーレメディの選び方
  4. バッチフラワーレメディ

    バッチフラワーレスキューレメディ
    いざという時に、レスキューレメディを持ち歩こう!…
error: Content is protected !!